イキイキと人が動き出す会社づくり

問題にダイレクトに切り込むことができる体験型研修

人が辞めていく会社を、人が集まる会社に。
仕事に誇りを持ち、社員がイキイキ働く会社をつくる
黒田晴美です。

 

部下の力を伸ばそうと思ったら、

体験型の研修は有効です。

 

 

なぜなら、

知識だけを勉強する教育型の研修では、

その研修で教わったことを
現場で実際に活用できるかどうか

わからないからです。

 


DSC_4515

 

「ホウレンソウ」が大事と聞いて、

わかったつもりになっていても、

「では、やってみましょう」と言われて

すぐできる人は少ないものです。

 

 

体験型の研修では、

その場ですぐ実践することで、

わかったつもりで終わらず、

行動に落とし込めるのです。

 

 

直前に教わったことでも、

いざ行動に移すと、

すっかり忘れていることはよくあります。

 

 

わかったつもり、知ったつもりにならずに

「できていない現状」に気づくことこそ、

成長の一歩です。

 

 

体験型の研修では、

チームビルディングを基にした

仮想体験ゲームを取り入れています。

 

 

ゲームで遊んでいるだけで、学びになるの?と

思われる方もいらっしゃると思います。

 

 

しかし、楽しいからこそ前のめりになり、

参加者の自発的な参加が、

自然に促せます。

 

 

受け身で積極的に社員が動かない、

研修を受けても寝ている社員がいる、

とお悩みだった経営者の方からも、

 

 

「うちの社員って、こんなに積極的だったんだ!」

「こんなに意見交換をしている姿を初めて見た!」

という驚きの声をたくさんいただいています。

 

 

私が提供している

チームビルディングゲームは、

ただ楽しいだけではありません。

 

 

普段の職場の様子が

自然と出てきてしまう

「仮想体験」ゲームなのです。

 

 

ある企業様での研修でも、

後ろで見ていた人事担当者の方から

 

「うーん、これはうちの会社で起こっている事、そのままです」

 

という一言が聞こえました。

 

 

「仮装体験」だからこそ、

私は短い研修の時間だけで、

その会社がどのような問題を抱えているか

見抜くことが出来ます。

 

 

問題にダイレクトに切り込むことができるから、

部下の成長に、体験型研修は有効なのです。

 

 

仮想体験ゲームを使った研修に興味がある方は、

ぜひお問い合わせください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

■コーチングに興味のある方は

 

 

■今いる人材をもっと活かす研修に興味のある方は

 

 

バックナンバー