イキイキと人が動き出す会社づくり

思い描いた世界を実現しよう

『人が伸びれば会社も伸びる』
コーチの黒田晴美です。

先週末、4年間関わってきた
URBAN PICNICという社会実験が終わりました。

かなりざっとした説明をすると
閑散としていた三宮の一等地の東遊園地(という名の公園)に
芝生とカフェとライブラリーを設置して
市民のアウトドアリビングとして、
もっと魅力的な場所をつくれるか、という社会実験。

社会実験(しゃかいじっけん)とは
新たな制度や技術などの施策を導入する際、場所と期間を限定して試行することで、
有効性を検証したり問題を把握し、時にはその施策の本格導入を見送るかを判断する材料とするもの。
地域住民との意見交換ならびに周知と合意形成も兼ねている。
出典:ウィキペディア

 

神戸では、パークレットや三宮プラッツ、
連結バスなど、様々な社会実験が行われています。

この「実験」というスタンスがいいな、と
思っています。

「実験」というのはやってみないと
うまくいくかどうかわかりません。

うまくいくいくかどうかわからない、というのは
思ったような効果が得られない可能性もあるわけです。

いってみればリーダーに責任を取る覚悟がなければ
できないことです。

それでも、一歩踏み出したからこそ
見える景色があります。
 

 

思い描いた世界を実現しよう

 

LRG_DSC06422

 

 

様々な人が集まる場では、
価値観も思考も違うため、
「公園の価値を高めよう」といっても
思い描くものは人それぞれ違います。 

 

だから共通のビジョンが必要になります。 

みんなで同じ絵や動画が
思い描けるようなビジョンです。 

 

逆にいうと、思い浮かばないものの
実現は難しいのです。
  

「いい公園をつくりたい」 
という目標を掲げても、 

 

人によって「いい公園」というのが

緑あふれる公園なのか
思いっきりスポーツができる公園なのか
芝生で寝転べる公園なのか
遊具がいっぱいあって、子どもが騒いでも大丈夫な公園なのか
静かに本が読める公園なのか
いつもイベントをしていて賑やかな公園なのか

思い描くものが違っていては
それぞれが懸命に頑張っていても
「いい公園」に近づくのは難しいかもしれません。 

 

だからこそ、相手の価値観や目指しているものを
お互いに知り合うために
対話が必要になってきます。
 

 

https://www.youtube.com/watch?time_continue=158&v=mPh9A2AiZ24

2016年から提案してきた
「世界一しゃぼん玉が似合う公園」

 

大人も子どもも笑顔で
しゃぼん玉を吹いている。
そんな場面が実現できました。 

 

 

会社組織でも同じことがいえます。 

 

あなたが思い描く「いい会社」って
どんな会社ですか?

周りの人と対話してみたこと、ありますか?  

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

【福岡・11月16日開催】中小企業の働き方改革実践セミナー~売上も社員の同時に成長する~
「今でもカツカツでやっているのに、うちみたいな小さい会社、残業なくしたら仕事がまわらないよ」 「働き方改革って、どうやって進めたらいいんだろう?」 とお悩みの経営者の方に、働き方改革の現場で実践している内容をご体験いただけます!
うちならどうする?のヒントをぜひお持ち帰りください。
申込・詳細はこちら

 

【12月5日開催】第25回神戸箱会
関西で開催している唯一の箱会。
2000年に刊行され、20カ国もの言語に翻訳され、今なお世界的なベストセラー『自分の小さな「箱」から脱出する方法』について気軽に語り合う場です。
申込・詳細はこちら

バックナンバー