イキイキと人が動き出す会社づくり

未来の会社の組織図が思い描けますか

『人が伸びれば会社も伸びる』
コーチの黒田晴美です。

『人が伸びれば会社も伸びる』
コーチの黒田晴美です。 

 

人と組織が成長していくには
時間がかかります。 

 

人材育成に時間がかかるからこそ
早めに手をつけないと
いざという時に間に合わないと
いうこともあります。 

 

それだけ長いビジョンが必要なのです。 

 

未来の会社の組織図が思い描けますか 

 

3-6-1-718x507 

 

ビジョンって何? 

経営が上手くいっていたら、問題ないよね 

売上も上がっているし、資金もある。
みんなで楽しく働けたらいいよね 

プレイヤーは飽きてきた 

いつまで経営者として働くんだろう 

トップダウンの組織ではなくて
社員みんなで考えて答えを出してほしい 

みんな自分自身で考えないと
納得して動けないでしょ 

いつまでも「社長がいないと会社がまわらない」じゃ
困るんだけどなぁ 

 

経営がうまくいっている経営者の方は
こんなことを考えておられるかもしれませんね。 

 

今までトップダウンでまわってきた組織では
いきなり自走型の組織に変えようと思っても
社員の成長が追い付いてきません。 

 

経営者の考えている時間軸と
社員が考えている時間軸が違うのです。 

 

まずはここで同じイメージを
描けなければ、
なかなか組織は変わってきません。 

 

例えば、 

 

5年後、社長は週に何回会社にきているのでしょう? 

 

その時、会社の組織はどうなっていますか? 
なくなっている部署や支店はありますか? 
新しく増えている部署や支店はありますか?  

 

誰がどのポジションについていますか? 
その人は何歳になっていますか? 

 

そのポジションについてもらうには
何ができるようになっていないといけませんか? 

 

部長になるのに必要な資質、
課長になるのに必要な資質などは明確ですか?

 

 

自分の未来の姿が思い描けることは
組織で働く人の安心になります。 
希望になります。 

 

あなたの組織は
未来が思い描ける組織ですか? 

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

【福岡・11月16日開催】中小企業の働き方改革実践セミナー~売上も社員の同時に成長する~
「今でもカツカツでやっているのに、うちみたいな小さい会社、残業なくしたら仕事がまわらないよ」 「働き方改革って、どうやって進めたらいいんだろう?」 とお悩みの経営者の方に、働き方改革の現場で実践している内容をご体験いただけます!
うちならどうする?のヒントをぜひお持ち帰りください。
申込・詳細はこちら

 

【12月5日開催】第25回神戸箱会
関西で開催している唯一の箱会。
2000年に刊行され、20カ国もの言語に翻訳され、今なお世界的なベストセラー『自分の小さな「箱」から脱出する方法』について気軽に語り合う場です。
申込・詳細はこちら

バックナンバー