人を成長させる

パフォーマンスを高める術を学ぶ

『人が伸びれば会社も伸びる』
コーチの黒田晴美です。

山家コーチの
「禅Athleteセミナー 呼吸法と座禅」
に参加してきました。

山家コーチは、
女子アイスホッケー日本代表の
スマイルジャパンのメンタルコーチとして
ソチと平壌、2回のオリンピックに帯同されています。

また、シアトルマリナーズの菊池雄星選手を始め、
経営者、プロ野球、プロゴルフ、Jリーグなど
多くの実績をお持ちです。

今回、久しぶりに大阪で
公開セミナーを開催されるということで
楽しみにしていました。

元々アイスホッケーの選手だった
山家コーチですが、
コーチングはもちろん、
脳科学やヨガ、マインドフルネス、禅など
多方面な学びを深めていらっしゃいます。

 

今回は、その呼吸法と座禅の仕方について
教えていただきました。

私自身は、アスリートではありません。

 

けれど、人間の心理と呼吸には
つながりがあると感じていて
コーチングセッションの中や
日常生活でも、
呼吸を意識していました。

内面を整えるという面では
座禅やマインドフルネスにも興味があり
これまでもプチ体験などはしてきたのですが、
あまりうまくいかなかったのです。

DSC_5070

スマイルジャパンのメンバーも
練習で使用していたという
禅Athleteボール。

このボールも参加費に含まれています。

実際に、身体を動かしながら実践することで、
自分の身体と対話できたような気がしました。

毎日使っている自分の身体なのに、
内臓や筋肉、骨などを
いかに意識せずに過ごしているのかを
実感しました。

そして、スポーツ選手だからといって、
身体が発達しているかというとそうでもなくて、
特定のスポーツをしているからこそ、
筋肉の付き方にばらつきがあったり、
固まってしまっていたりすることがあり、
それが効果的な呼吸の妨げにもなっているようです。

スポーツでは、
場面場面に即した
呼吸の仕方があるそうで
一流の方の領域を
ちらりと伺うこともできました。

私は、普段から
呼吸が浅くなったり、
とめてしまっていたりする癖があると
思っていたのですが、
実際は、結構いい感じで呼吸できていたことを
知ることができました。

座禅も、これまでは
なかなか集中が数分間続かなかったのですが、
今回は不思議なほど、
心地よく時間を過ごすことができました。

FB_IMG_1569193668341

呼吸法といい、
座禅といい、

『今の自分を知り、
自分の内に焦点を向ける』

ということが、
コーチングともつながることを実感しました。

 

生きていくために
必要不可欠な呼吸を整えることによって
より自然に、いいパフォーマンスを
得ることができるようになる。
 

コーチのパフォーマンスをあげることが
クライアントの成果につながります。

 

 

山家コーチの「禅 Athleteセミナー」は
全国で開催されていて、
東京・名古屋・神戸の日程に空きがあるようです。

興味を持たれた方がいらしたら、
ぜひご参加ください。

「禅 Athleteセミナー」詳細はこちら。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

■コーチングに興味のある方は

 

 

■今いる人材をもっと活かす研修に興味のある方は

 

 

バックナンバー