人を成長させる

経験は意外と役に立たない

『人が伸びれば会社も伸びる』
コーチの黒田晴美です。

『人が伸びれば会社も伸びる』
コーチの黒田晴美です。  

 

コーチングセッションの中で

「もし、何も制限がないとしたら、どうしますか?」
「もし、絶対失敗しないとしたら、どうしますか?」
「もし、お金も時間も状況も問題ないとしたら、何をしたいですか?」
「もし、誰も反対しないとしたらどうしますか?」 

というような質問をすることがあります。 

 

これは『破壊的な質問』ともいいますが、
何を破壊するのかというと、
これまでのその人の「枠」や「思い込み」です。 

 

その「枠」や「思い込み」は
どうやってできたかというと
その人のそれまでの経験や体験からではないでしょうか。 

 

その人が今までに実際に
経験、体験してきたことですから、
「できた」ことにしても
「できなかった」ことにしても
納得感があります。 

 

けれど、その経験は
意外と役に立たないかもしれません。 

 

経験は意外と役に立たない 

 

Young girl thinking with abstract icons on her head 

なぜ、経験が役に立たないのか。 

 

それは限られた範囲の中だけの
合理性だからです。 

 

お酒を呑む人の話を例にしましょう。 

Aさんの同期、Bさん、Cさんはお酒が大好きです。 

Aさんからすると、
「私の周りの人はみんなお酒が大好きだ」(100%)
ということになります。 

 

これにDさんが加わります。
Dさんはお酒を飲みません。 

Aさんからすると、
「私の周りの人は、お酒が好きな人が多い」(66%)
ということになります。 

 

Aさんの部署には
Aさん以外に10人の人がいます。 

 

この中で、お酒を飲む人は
Bさん、Cさんだけです。(20%)

 

もし、Aさんが、
部署の懇親会の幹事をつとめることになったら、
「みんな、お酒が好きでよく飲むから
飲み放題つきのコースにしようよ」
なんてことになるかもしれませんね。 

 

これは、極端な例かもしれませんが、
似たようなことは職場でも起こっているかもしれません。 

 

こういったことは、
確率の正しく認識してくれません。 

 

確率の誤認識とは
・条件付き確率と条件なし確率を区別できない
・与えられた情報の影響力を正しく認識できない
・情報を与えられたことすら認識できない
ということです。 

 

そうして、
真の情報ではなく、
人間心理が判断に影響力を持つことになります。 

 

こういった人間の限定合理性を前提として
経済について考える動きのことを
『行動経済学』といいます。 

 

 

コーチングのセッションの中で
相手の中で勝手に作られている枠(制限) 

・金銭的問題
・失敗への不安
・抵抗勢力
・権限がないこと
・余裕のある時間とお金
・実践力、行動力 

を外してみると、
より視野がひろがって
適切な判断ができるようになっていきます。 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

【福岡・11月16日開催】中小企業の働き方改革実践セミナー~売上も社員の同時に成長する~
「今でもカツカツでやっているのに、うちみたいな小さい会社、残業なくしたら仕事がまわらないよ」 「働き方改革って、どうやって進めたらいいんだろう?」 とお悩みの経営者の方に、働き方改革の現場で実践している内容をご体験いただけます!
うちならどうする?のヒントをぜひお持ち帰りください。
申込・詳細はこちら

 

【12月5日開催】第25回神戸箱会
関西で開催している唯一の箱会。
2000年に刊行され、20カ国もの言語に翻訳され、今なお世界的なベストセラー『自分の小さな「箱」から脱出する方法』について気軽に語り合う場です。
申込・詳細はこちら

バックナンバー