人を成長させる

自分が自分のリーダーたれ

『人が伸びれば会社も伸びる』
コーチの黒田晴美です。 

 

一昨日は、台風21号の影響で
関西地区にも大きな被害がありました。 

 

幸い、私や私の家族には
被害はありませんでしたが、
私の周りでは、
家や職場が被害にあわれた方も多く
心よりお見舞い申し上げます。 

  

台風は去ったものの
損害は経済活動にも
大きな爪痕を残していきました。 

  

そんなところに、
今度は北海道の地震・・・
 

度重なる自然災害に
心がとてもざわついています。 

 

 

自分が自分のリーダーたれ 

 

60e37810e54d6b388ff60984a1908905 

 

リーダーやリーダーシップについては
いろんなところで
いろんな定義がされています。 

 

わたしは、リーダーはあくまでも立場や役職のことであり、
一方のリーダーシップというのは、 
どれだけの統率力や判断力を 
発揮できるか?という能力のことだと
定義しています。 

 

自分で判断し、
自分で責任をもって行動できる
 

これこそ、
リーダーシップを発揮するということで
とても必要なことだと
私は思って大切にしています。 

 

なぜなら、
時にそれは、命に直結するからです。 

私は22歳の時に
阪神大震災を経験しています。

 

当時、妹とふたりで暮らしていましたが、
その日、妹は病院で夜勤をしていて
地震がきたときは、
私はひとりきりでした。 

 

向かいの家も
隣の家も倒壊しているのを見て、
呆然としました。 

 

台風や地震など
不測の事態の場合、
なにが正解で、なにが不正解かはわかりません。 

 

どんな決断をしても
100%正しいということはなく
どこかから批評や批判を受けることもあるでしょう。 

 

それでも、
自分の責任において
自分で判断して動かなければなりません。 

 

そんな時、誰も指示なんてしてくれないのです。 

 

正解でなくても
覚悟して進む。 

 

かつて、リーダーと呼ばれる人たちが
前人未到の地を
先頭きって進み拓いてきました。 

 

何があるかわからなくても
自分で判断して進める人たちが
今の時代にも求められています。 

 

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

 

【9月25日開催】第24回神戸箱会
関西で開催している唯一の箱会。
2000年に刊行され、20カ国もの言語に翻訳され、今なお世界的なベストセラー『自分の小さな「箱」から脱出する方法』について気軽に語り合う場です。
申込・詳細はこちら

 

 

バックナンバー