人を成長させる

Googleが明らかにした優秀なマネジャーの8つの特徴

人が辞めていく会社を、人が集まる会社に。
仕事に誇りを持ち、社員がイキイキ働く会社をつくる
黒田晴美です。

アメリカのビジネス誌が
毎年発表している
「働きがいのある会社ベスト100」で
「グーグル」は
2017年、2016年、2015年、2014年と
ここ10年ほどの間に、
何度も1位に選ばれているそうです。
(出典:「世界最高のチーム」ピョートル著 

 

Googleのような
世界的に有名な企業なら
優秀な人材が集まっているから、
マネジャーなんていらない?
と思われるかもしれませんが、

 

実は、マネジャーの言動が
チームのパフォーマンスに
最も関係していることがわかりました。

 

(Googleの社員さんは博士号を持っている人が多く
根性論ではなく、エビデンスを求めるそうです)

 

e8aeecd1591a8b05c8a3e8f255dd29b6_s-394x222 

 

そこで、明らかになった
チームのパフォーマンスを高める
マネジャーの特性は、
次の8つだそうです。

 

①よいコーチである
②チームを勢いづけて、マイクロマネジメント
(チームのメンバーに対する過度な監督・干渉)はしない
③チームのメンバーが健康に過ごすこと、成果を上げることに強い関心を持っている
④生産的で成果主義である
⑤チーム内のよき聞き手であり、メンバーと活発にコミュニケーションしている
⑥チームのメンバーのキャリア形成を手助けしている
⑦チームのためのはっきりしたビジョンや戦略を持っている
⑧チームのメンバーにアドバイスできる専門的技術、知識を持っている

 

この中で一番大事なのは

① よいコーチであること

なんだそう。

  

これには、 

よいコーチというのは 
相手との信頼関係ができている

よいコーチというのは
相手の強みや能力を引き出して
成功体験を積ませている

よいコーチというのは
相手にチャレンジさせている

よいコーチというのは
目的や目標をいつも意識している

よいコーチというのは
理想と現実のギャップを埋めている

よいコーチというのは
相手の可能性を信じている

よいコーチというのは
目先の発言や出来事に振り回されず
物事の本質をみている

などの意味合いが含まれていると
思われます。

 

コーチングは
スキルだけでは上達しません。

だからこそ、
組織の関係性をよくすることが
働きがいのある会社への
第一歩だと思うのです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

【無料メール講座】うまくいくリーダーが知っている7つの法則

 

【オンライン開催】生産性の高いチームにどんどん変わるコーチング講座

ただいま0期開催中。1期参加者募集中。

【こちら】からご登録ください。

 

【メルマガ】「今日の気分も晴れ!」配信しています

 

■コーチングに興味のある方は

 

■今いる人材をもっと活かす研修に興味のある方は

 

 

バックナンバー