人を成長させる

Googleが明らかにした優秀なマネジャーの8つの特徴

『人が伸びれば会社も伸びる』
コーチの黒田晴美です。

アメリカのビジネス誌が
毎年発表している
「働きがいのある会社ベスト100」で
「グーグル」は
2017年、2016年、2015年、2014年と
ここ10年ほどの間に、
何度も1位に選ばれているそうです。
(出典:「世界最高のチーム」ピョートル著 

 

Googleのような
世界的に有名な企業なら
優秀な人材が集まっているから、
マネジャーなんていらない?
と思われるかもしれませんが、

 

実は、マネジャーの言動が
チームのパフォーマンスに
最も関係していることがわかりました。

 

(Googleの社員さんは博士号を持っている人が多く
根性論ではなく、エビデンスを求めるそうです)

 

e8aeecd1591a8b05c8a3e8f255dd29b6_s-394x222 

 

そこで、明らかになった
チームのパフォーマンスを高める
マネジャーの特性は、
次の8つだそうです。

 

①よいコーチである
②チームを勢いづけて、マイクロマネジメント
(チームのメンバーに対する過度な監督・干渉)はしない
③チームのメンバーが健康に過ごすこと、成果を上げることに強い関心を持っている
④生産的で成果主義である
⑤チーム内のよき聞き手であり、メンバーと活発にコミュニケーションしている
⑥チームのメンバーのキャリア形成を手助けしている
⑦チームのためのはっきりしたビジョンや戦略を持っている
⑧チームのメンバーにアドバイスできる専門的技術、知識を持っている

 

この中で一番大事なのは

① よいコーチであること

なんだそう。

  

これには、 

よいコーチというのは 
相手との信頼関係ができている

よいコーチというのは
相手の強みや能力を引き出して
成功体験を積ませている

よいコーチというのは
相手にチャレンジさせている

よいコーチというのは
目的や目標をいつも意識している

よいコーチというのは
理想と現実のギャップを埋めている

よいコーチというのは
相手の可能性を信じている

よいコーチというのは
目先の発言や出来事に振り回されず
物事の本質をみている

などの意味合いが含まれていると
思われます。

 

コーチングは
スキルだけでは上達しません。

だからこそ、
組織の関係性をよくすることが
働きがいのある会社への
第一歩だと思うのです。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

■コーチングに興味のある方は

 

 

■今いる人材をもっと活かす研修に興味のある方は

 

 

バックナンバー